肌荒れに良い食べ物って?お肌の悩み別対策!

肌荒れの悩みって、深刻ですよね。心までなんだか、どんよりとなってしまいます。

 

そんなストレスが、次の肌荒れを引き起こしてしまう・・・

 

“そんなことになる前に、食生活から見直してみませんか?”

 

食生活を見直すと言われると、なんだか構えてしまいますよね。

 

でも、お肌に良い食べ物を知ることで、お料理をする時の献立作りになるかもしれません。
そんなちょっとしたきっかけ作りになればと思います。

 

 

お悩みから栄養素を考える

 

 

カサカサ乾燥タイプ

 

 

かゆみ・かさつきの乾燥タイプのあなたには

 

→“ビタミンA”が必要です。

 

症状が続くと、ニキビやシワ、タルミなど老化現象を引き起こす乾燥肌。

 

ビタミンAは肌の生まれ変わりを促進します。
ターンオーバーを正常に整え、肌の基礎体力を高めてくれるんです。
トラブルに負けない肌を作ってくれるんですよ。

 

 

どんな食べ物がいいの?

 

ニンジン・(鶏・牛)レバー・カボチャ・ほうれん草・しそ・バターにビタミンAは多く含まれています。

 

ブツブツ吹き出物タイプ

 

ついつい気になっちゃう吹き出物タイプのあなたには

 

→“ビタミンB2・ビタミンB6”が必要です。

 

 

ビタミンB2・ビタミンB6が不足してしまうと、皮脂を過剰に分泌してしまいます。
また治りにくい肌になり、慢性化する恐れも。

 

しっかり摂取して、皮脂の分泌を抑え丈夫で健やかな肌を作りましょう。

 

 

どんな、食べ物がいいの?

 

B2は 焼きのり・わかめ・しじみ・うなぎ・納豆・(牛・豚・鶏)レバー。
B6は マグロ・バナナ・にんにく・カツオ・きな粉・(牛・豚・鶏)モモ肉

 

これらに多く含まれています。

 

 

 

青春のニキビ・ニキビ跡タイプ

 

 

 

ニキビって世代を超えた悩み。
親子での会話のきっかけになるかもしれません。
そんなあなたには

 

→“ビタミンC”が必要です。

 

 

ビタミンCはしっかり摂取すると、皮脂の過剰分泌を抑え、毛穴の詰まりの防止にもなります。
美肌にはかかせないコラーゲンの生成にも必要な栄養素です。

 

皮脂の酸化も防いでくれますよ。

 

どんな食べ物がいいの??

 

 

焼きのり・赤ピーマン・アセロラ・レモン・ブロッコリー・イチゴこれらの食品に多く含まれています

 

 

 

肌にいいおすすめレシピ

 

☆パン派におすすめ→“肌荒れしらずの美肌野菜ジュース”

 

リンゴ    1/2
バナナ    1/2
人参     1/3
野菜ジュース 1/3(グラス)

 

材料を一口大に切り、ミキサーに入れて攪拌するだけです。

 

野菜ジュースを使ったのは簡単に取り入れてもらいたかったからですが、
もちろんアボガドやほうれん草などお野菜からつくるのもいいですよね

 

 

他にも、ヨーグルトとフルーツなど色々楽しみながら試してみてくださいね。

 

 

 

☆和食派のおすすめ→“ネバネバ美肌納豆”

 

アボガド   1/2
納豆     1パック

 

トッピング感覚で、わかめやかつお節・焼きのりなどを入れてもいいですよね。
納豆+トマトの組み合わせも意外ですがおいしいですよ。

 

 

 

他にも

 

豚肉+トマトで炒め物をしてみたり、
手羽先のガーリック風味なんていうのもおすすめです。

 

 

難しく考えないのが長続きさせるコツかもしれません。

 

 

天ぷらをするときに少しきな粉を足してみる
サラダにナッツを入れてみる

 

そんなことでも“楽しめてる”ことが、大切ですね。

 

 

最後に

 

肌のお悩み別や、献立の提案などしてきましたが
長く続けるコツは“いかに楽しむか”だと思います。

 

 

どんなことも「しなくちゃ・・・」ではなくて楽しめると素敵ですよね。

 

やはり笑顔がでいる、というのを意識するのが、一番の特効薬だと思います。

 

 

関連記事

⇒40代女性におすすめ肌荒れ対策サプリメント